歯科よりも高度な医療技術が必要

一般的歯科と口腔外科

親知らず

歯科と口腔外科の違い

口の中や顎、顔面に現れる疾患を扱う診療科が口腔外科です。一般的な歯科と同様に埋伏歯や智歯周囲炎など歯に関する疾患を扱いますが、歯が原因となる以外の様々な疾患も扱うのが特徴です。例えば口腔粘膜や唾液腺の疾患、口腔がんなどの悪性腫瘍も挙げられます。その他に顎の外傷治療なども行うので、歯科よりも高度な医療技術を必要とします。食べ物や飲み物を摂取したり、言葉を発して会話したりと口は生きていくうえで欠かすことが出来ない器官です。口腔内の疾患や顎などの外傷によってこれらの機能に障害が起こる場合があるので、口腔外科で適切な治療を受ける事が大切です。

親知らずは口腔外科へ

歯科の中でも親知らずを抜くなどの外科的処置が必要な場合は、口腔外科で処置してもらうことがいいでしょう。なぜなら口腔外科は、本来外科的な、切開や縫合などよく行うところだからです。またそれらを行うために施す麻酔に関しても経験豊富なので、安心して治療を受けることができます。専門的なところで受ける利点は、その診療に関して一番良い方法の処置をしてくれる、またその治療の経験が豊富である、適切な麻酔をして痛みを軽減してくれる、短時間で終わり出血も少ないなど利点があります。また切開後も抗生剤を利用するなどして感染防止に努めてくれますので歯科より口腔外科が適切だと言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院選びの際にチェック. All rights reserved.